osamuの詩
プロフィール

osamunari

Author:osamunari
osamuの感じた詩

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



You ever love anybody?

...2008/02/01 03:39...

うまく行かない事ばかり。

そう簡単に思うようにはいかない。

そんな事とっくにしっている。でも直面すると無力さに打ちのめされる。

それでもやっぱり真っ直ぐみていたい。




Snow Angel

スポンサーサイト




窓辺から

...2007/06/07 02:45...

心地よい風を感じながら眠りに入る。

最近同じような夢を見る。
全てを受け入れてくれるような、全てを忘れさせてくるような、
自分の幸せの全てがそこにあったかのように・・・。そんな笑顔で俺を迎えてくれる。

俺の全てを迎えてくれている。

目が覚めた後もその笑顔が心に焼き付いている。

俺は歩く。自分にそう言い聞かせて・・・。

俺は前へ歩くんだ。











さくら

...2007/04/06 03:02...

昔みた空から舞い降りてくる雪。

今重なるのはひらひらと風に乗って降りそそぐ桜の花びら達。

純粋で、清楚で、綺麗な気持ちを忘れないように語りかけてくれている、桜は人の心に和みを与え幸せをくれる。

まるで自分の求める女性像のよう。

桜。

一番好きな花。

きっといつまでも心に響く美しさを裏切らない純粋な花。









支え

...2006/08/12 18:08...

正直くじけそうになる時だってあるし、心が安らげる場所がほしかったり、全てを包んでくれるような人肌が恋しくなったり、弱気になる時だってある。

でも俺は「負けないんだ!」っていつも自分に言い聞かせる。

仕事も恋愛もうまく行かない事ばかりだ。でもそれも今の自分に原因があるのだろう。

俺には一緒に戦ってくれる仲間だっている。

絶対に負けない。

涙だって俺の意思で止めてみせる。

心の中はどんなにぐちゃぐちゃになっていたって、にっこり笑って、いつも通り明るくおちゃらけて、とぼけてみせよう。

そして俺は笑いながら必ず夢を掴むんだ。

俺にはこれしかないんだから。







偉大なる父

...2006/05/10 01:14...

親父、もう6年経つんだね。

一緒にいるといつもぶつかり合っていましたね。
毎日のように取っ組み合いのケンカをしていたし、なにかある度に俺は親父を毛嫌いしていた。
喧嘩の後にはいつも「親父みたいにはならない」と突っかかってばかりいた。

今あなたのような強くてたくましい骨太な男になりたいと毎日思いつづけます。でもとても親父に近づく事が出来ません。
離れてみなけりゃわからないなんて、なんて愚かなのだろうといつも思います。

別れの一ヶ月前、姉の結婚式の前日、初めて二人っきりの部屋で真剣な話しましたね。あの時の約束はいつまでも忘れません。

母を思う親父の言葉。
「俺がいなけりゃダメなんだ。やっぱり俺がいなけりゃだめなんだよな。でも俺に…もしもの事があった時は…修、おまえは男なんだからお前がしっかり守ってくれよ。お姉ちゃん達は女だからな…男のお前がしっかり富士子を守ってくれ。」

俺は「なに言ってんの、縁起でもない。親父はすぐにどうこうなるわけじゃないって主治医の先生に俺昨日ちゃんと話きいてきたんだから、変なこと言わないでよ。」と言った。
俺は真剣にそう思った。胸がもの凄く熱くなって涙が溢れそうになるのに耐えながら無理矢理読みかけの本で顔を隠した。

必ず約束は守ります。

親父とカンジキを履いて歩いた雪山を思い出す。力強くどんどん前へ進む。俺はへこたれそうになりながら、あなたの寛大な背中を追いました。

必ずあなたのように強くなりお袋を守ります。

親父との別れの瞬間、俺は何度も「ごめんなさい、今までごめんなさい。」と叫びました。

親父、俺は必ず親父との最後の約束を守ります。だから親父にぶつけてきた俺の愚かな戯言を許して下さい。

心の底から尊敬しています。

親父、最後に言えなかった事伝えます。

ありがとう。






大海へ

...2006/03/06 02:08...

誰に何を言われようと、俺の強く掲げる思いは変わらない。

どんなに叩かれて、打ち砕くだこうとしても、俺の心は砕かれることはない。

必ず大きな木になってみせる。

知った風に汚い言葉でおさえつける。それさえ正当化しようとする。今にみてろ。俺のやってきていることを証明してやる。

俺だって日々真剣に生きているんだ。

偏見が多いんだ。

全てお見通しだと思い込んでる。

あなたの知らない俺だっているんだ。

俺は情熱の灯を消さず、一つ一つ確実に夢を掴むんだ。

今にみてろ。






勝つんだ

...2006/02/16 00:24...

戦っているんだ。

俺だって戦っているんだ。

だからいつも皆に笑ってみせているんだ。

でも腹の底から笑った事があるだろうか。

馬鹿みたいに思うことがある。いつもののしられる。でも負けたくないから笑ってみせるんだ。

ちくしょう!って思いながら。

結果出すために戦ってるんだ。

いつか腹の底から笑ってやる。

腹をかかえて、思いっきり笑ってやる。







心の動き

...2006/02/10 04:20...

掴みたい。

手に入れたい。

悔しさばかりが先走る。

現状がみじめ過ぎるからだろうか。悔しい思いが毎日心を掻きむしる。

俺は何をしたいのだろう?何を課題に生まれてきたのだろう?何かを達成しなくては。

無力な自分を思い知らされる。

負けないんだ。俺は何にも負けないんだ。といいきかせる。

負けないんだ・・・。













CALENDER
09 ⇔ 2017/10 ⇔ 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。